夕焼けを楽しもう

夕焼けを楽しもう

 

荘厳な夕焼け。夜景が写り込むように撮った(撮影:趣味千編集部)

夕焼けは秋と言うが

金色っぽい夕焼け。日が沈むにしたがって赤くなっていく(撮影:趣味千編集部)

 

枕草子で清少納言が「秋は夕暮れ 夕日の差して山の端いと近うなりたるに・・・」とお勧めしていることもあって、秋が最も夕焼けが美しいというイメージですが、必ずしもそういうわけでもありません。夕焼けが美しいかどうかは気象条件が左右するものなので、春や夏、冬でも、お天気次第で美しい夕焼けが見られます。
とはいえ、夏が終わって涼しくなる秋は、ヤブ蚊に悩まされずにずっと夕日を見ていられます。夕焼けが終わると月も昇ってきます。夕方、もし時間が作れたら、落陽に付き合ってみても乙です。忙しい日々をひととき忘れて、沈む夕日をゆっくり楽しみましょう。

 

夕焼けが赤い理由

火口から立ち昇る水蒸気も夕日でピンクに。かわいらしい(撮影:趣味千編集部)

 

夕焼けが赤いのは、太陽の光が通過する大気の距離が長くなるためです。よく知られていることなので簡単に説明しますと、太陽から夕焼けは赤い光だけが届いているという状態です。
光は大気中にある微粒子や大気成分の分子に当たって散乱されます。波長が短い青い光はすぐ散乱してしまうのに対し、赤い光は波長が長いため散乱されにくく、遠くまで届きます。
日が沈む時は下図のように、南中に比べて光が大気中を通過する時間が長くなるため、赤い光だけが残るというわけです。

南中時などは波長の短い青いの光が地上まで届くので空は青い。大気圏を光が通過する距離が長くなる夕方は、青い光が途中で散乱し、波長が長い赤い光だけが届くため、夕焼けは赤い。ざっとした説明(作画:趣味千編集部)

</d

自然観察カテゴリの最新記事